評価制度の比較が大切な転職先選び

エンジニアとしてIT業界で働くうえで、どこにやりがいを見出すかが重要になります。その1つとして挙げられるのが、成果や貢献に対する報酬です。大きな契約を取り付けるのに成功した際に、昇進や昇給といった待遇を受けられたり、プロジェクトが完成したときに貢献度に応じて臨時報酬が得られたりするとモチベーションが上がるでしょう。いかに時間と労力を使って仕事に取り組むかによって成果や貢献が大きく左右されるのはエンジニアの仕事の特徴であり、それが明確な形で報酬として報われるのは魅力的です。

今まで働いていた職場では、あまり成果や貢献を評価してもらえなかったという人は、やりがいを求めて転職するのがいい方法でしょう。そのような方針で転職先を検討するときには、評価制度を比較するのが大切です。成果主義の現場では、公平なシステムによっていかに成果や貢献を評価できる制度が整っているのかが重要になります。企業によって整えている評価制度には違いがあるため、その内容を比較して自分が納得できる方法で評価を行ってくれる現場を選ぶようにしましょう。

なお、個人の評価も重要ですが、チームプロジェクトもだんだんと増えてきているので、チームとしての評価や貢献度の尺度についても確認するのが大切です。評価制度はしばしば見直されているので、最新情報を手に入れることが重要になります。その内容に納得できる職場に転職できると、自然に仕事に対するモチベーションを上げられるようになるでしょう。

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31