ホーム » ワークライフバランスを求めるなら

ワークライフバランスを求めるなら

システム開発の最前線で働き続けたいというエンジニアは大勢いますが、ふとしたときにその現場でいつまでも働くのは困難だと気づくことも稀ではありません。体力的にも精神的にも負担が大きい現場であるのは確かであり、仕事一辺倒になってしまう傾向があります。特に、結婚生活を始めてからワークライフバランスを重視しようと考える人も多く、転職によって余裕を持って働けるようにしようという方針がよく選ばれているのが現状です。

その典型例として挙げられるのが社内エンジニアを目指す方針であり、人気の高いキャリアパスとなっています。社内エンジニアとは、一般企業で働くエンジニアであり、IT企業で働くのとは業務内容にも大差があることは否めません。ヘルプデスクとしての役割が大きく、トラブルシューティングの対応がほとんどだという場合もあります。一方で、社内システムをさらに効率化するために開発も行って欲しいと要求する現場もあり、どの企業の社内エンジニアになるかによって、できる仕事には大差があるのが特徴です。

自分のやりたいことができるかどうかを考えて探そうとしても、数があまり多くないので選べるほど求人が見つからないこともあります。しかし、それでも共通している事項としてほとんどの日は定時通りに働けて、ポストも安定している魅力があるのが社内エンジニアです。そのため、転職の目的がワークライフバランスの充実という場合に、優先順位の高いキャリアパスとして選ばれています。

2018年11月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930